何回かちょっとした損

ミーハーライブリスト > ピックアップ > 何回かちょっとした損

何回かちょっとした損

2014年12月16日(火曜日) テーマ:ピックアップ

FX取引初心者の方がマーケットの大切なところを見つけるには初めに学習を積み上げていく事が大切である。

 

事前にピンチを気付くようにするためには負けをすることも大切です。

 

ただし、間違いをするといっても再起できないほど致命的な間違いをしてはいけません。

 

小さい負けを何回か実践する事が最終的に自分の経験を増やしてくれる。

 

この考えでは初めは少額で売買を行い、何回かちょっとした損をすることが重要です。

 

例えとして、100万円だけしか資金がない方が最初から少しも残さないでつぎ込んで注文すると失敗した時今後取り返せない恐れがあります。

 

それより、ひとつの例として1割ずつエントリーして、これによってエントリーを積み重ねた方が、所徐に失敗をカバーする方策なども学んでいくはずです。

 

まず最初に少額資金で売り買いする事の利点は先に記したように、体験を増やし、失敗を回避する手段を学習していく事にありますが売買の回数を多くして危険性を少なくできるという良い点もあります。

 

想定として、エントリーで儲けられる確率が二分の一だと考えます。

 

この場合、同じ条件で損するリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の比率で勝てることを意味しています。

 

だけど、全ての投資資金をつぎ込んで1回だけの取引をするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになります。

 

それはたんに1度の賭けと同じです。

http://ameblo.jp/bvrdhn/

つまり、全てを投じて1回だけしか勝負しないと、これだけでは損が生じる割合が高くなってしまいます。

 

これを回避するために、投資資金を全て投じるのではなくいくつかに分割して、機会を増やす事がリスク回避となります。

 

数回に分けたとしても、全ての注文で勝つ事は必須ではありません。

 

正しく言うと、勝つことが出来ないのが実情です。

 

勝負で肝心なのは、勝つ回数ではなく、どれほど儲けるかです。

 

勝半5割でも、例えば勝率5割以下でもプラスにする事は出来ます。

 

それ以上負けても損益が少なければ、3割の勝ちの利益だけで十分に利益を上げる事が出来ます。

 

そのために不可欠な事は、損を少なく、利益を大きくを心がけることです。

 

損益が出たらすぐさまロスカットして逆に利益を上げられる時には出来るだけ大きく利益を上げることがFX投資初めての方がFXで勝利するための極意です。

 



関連記事

何回かちょっとした損

何回かちょっとした損

2014年12月16日(火曜日)

ミュゼプラチナムのイイところ!

ミュゼプラチナムのイイところ!

2014年12月 5日(金曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)