変化量を見る

ミーハーライブリスト > おすすめ > 変化量を見る

変化量を見る

2014年12月 8日(月曜日) テーマ:おすすめ

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアをトレードして収益を生む投資です。

 

売り買いの値段は、四六時中変化しています。

 

それがレートです。

 

テレビを見ているとドル円やユーロ円の話題が流れる場面があります。

 

「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

 

要するに、買値と売値の両方の値段が存在するのです。

 

売値、買値の事を別の言い方で表しているFX会社も存在しています。

 

普段は売値が買値よりも安く決定されています。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

この差をスプレッドといい、FX会社の儲けとなっています。

 

スプレッドの狭さは業者によって変化します。

 

スプレッドの広さはみなさんにとって支出となるので、低い業者をセレクトしたほうが得します。

 

ただ、局面によってはスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。

 

仮に普段はドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドの差だったとしても、マーケットの上下動がかなり大きい状況では3銭、4銭になったりする場面があります。

 

ですから、スプレッドの広さが狭いのと同様に変化が小さい事が重要です。

 

この頃では変化しないスプレッドの差を示す取引会社も多くあります。

 

リアルに取引会社の取引画面の中で為替レートを確認しなければ見分けられないのでやっかいですが必要不可欠な事です。

 

大事な資金を使ってエントリーをするわけですから本物の取引の前に、魅力的に思えたFX取引会社の新しい口座開設を遠慮せずにして、スプレッドを確認しましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その時間帯の為替相場の状況によって通貨ペアのスプレッドの狭さは変化します。

 

たいがい、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高いペアではスプレッド幅が小さく、他の通貨ペアではスプレッドの幅が広がる傾向にあります。

 



関連記事

新しいプロポーズの形

新しいプロポーズの形

2014年12月27日(土曜日)

おまとめローンでどう変わるのか

おまとめローンでどう変わるのか

2014年12月24日(水曜日)

薄毛対策として考えておきたい事

薄毛対策として考えておきたい事

2014年12月18日(木曜日)

フラッシュモブでプロポーズというアイデア

フラッシュモブでプロポーズというアイデア

2014年12月12日(金曜日)

変化量を見る

変化量を見る

2014年12月 8日(月曜日)